採用情報

いちもんの想い

鮪問屋直営回転すし「鮨いちもん」や本格海鮮丼をお手頃価格でご提供する「海鮮どんぶり」を展開し、たくさんのおいしい笑顔に包まれてきた『いちもん』。私たちはこれからも、より多くのお客様の満足を創造し、他店にはマネのできない本物の味をつくっていきたいと考えています。
それは必ずしも企業規模の拡大を狙うものではなく、社員の夢や幸せを実現するビジネスに挑戦し、社員がイキイキと働く姿とともに会社組織が成長していくことが目標です。

行列のできる産直グルメ回転寿司。敵は本格江戸前にあり!

「鮨いちもん 伊勢崎市本店」には、月間2万~2万5,000人のお客様が来店されます。1日あたり8,000個もの寿司を握っている計算です。回転寿司店ですが、グルメをうたい、江戸前寿司専門店を競合と定めオープンしました。多くのお客様に支持されている本物のおいしさ、お客様満足の原点は仕入れ。寿司を握る社員は自ら朝4時半に市場へ出かけ、ネタとなる素材を吟味し買い付けてきます。「旨い!」の一言を聞くため、人任せにせず、社員一人ひとりが努力していますが、それも魚の卸業を展開し市場との信頼関係を築いてきた当社にしかできないことと自負しています。

社員が知恵袋の「カンパニー制度」。全員参加の経営でコツコツ前進

いちもんが今後どのように成長していくかは正に社員次第。やみくもなチェーン展開や企業規模の拡大は目指していません。全員参加の経営で一人ひとりが知恵を出し合い、社員が求める多角化を進めていくのが理想です。社員に求めるのは「常に変化し常に進化すること」ですが、今日を大切に日々コツコツと研さんを重ね、いちもんの未来を担う人材を育てることがまずは大切と考えています。その上で、例えば『カンパニー制度』を設け、社員が企画した事業を展開していくのもいいのでしょう。企業には組織に応じた幸せがあることを忘れてはいけないと考えています。